服装や持ち物

合宿免許を利用する最大の目的は、しっかりと運の知識を学び運転技術を得ること。ですから、動きやすい服装で参加するのは当然のことです。歩きやすい靴も用意してください。確かにお洒落も気になるところではありますが、ここはそれよりも安全性と効率の良さを目指すべきでしょう。合宿免許に行くときは、以下のものを用意してください。発行から3か月以内の住民票。こちらは、本籍が記載されてるものを用意してください。顔写真が付いた住民基本台帳カード、または健康保険証やパスポートなど本人確認ができるもの、そして印鑑です

既に運転免許証がある方は、運転免許証と、発行されてから3か月以内であり、本籍が記載されている住民票が必要。印鑑も必要です。この他に、筆記用具や洗面用具、着替えやパジャマ、薬、お金なども必要です。女性は生理用品も持っていると安心かもしれません。合宿免許の場合、宿泊施設によっては洗濯機や乾燥機などが備え付けられているところも多いですから、予め確認して着替えの量を考えると良いでしょう。

合宿免許の場合、早ければ2週間程度で免許を取得することができます。この2週間の中で、自分が必要なものをイメージして持参すると良いでしょう。雨具もあると何かと便利です。